Mailto Interceptor

意図しないメールアプリケーションの起動を抑制

Mailto Interceptorはmailto:リンクのクリックによる意図しないメールアプリケーションの起動を抑制します。

ウェブブラウズ中に意図せずmailto:リンクをクリックし、メールアプリケーションが起動してしまったことはありませんか? 通常、ブラウザ等でmailto:リンクをクリックすると、それが意図していなくとも、すぐさまメールアプリケーションが起動してしまいます。

Mailto Interceptorを使用することで、mailto:リンクのクリック等に対して以下の動作を行えるようになります。

Mailto Interceptorは常駐型のアプリケーションではありません。あらかじめシステムのデフォルトメールアプリケーションとしてMailto Interceptorを指定することで、mailto:リンクのクリックに反応して自動的に起動します。その際、Dockアイコンのバウンド表示等はされず、動作後は自動終了するので、Mailto Interceptorの存在を意識することはありません。

Mailto Interceptorは、ブラウザからmailto:リンクのクリック以外にも、連絡先アプリケーションや各種アプリケーションの共有メニューからのメール送信機能に対しても反応して起動します

無料のLite版では以下の機能が使えません。

システム要件

OS X 10.9.3+

使用方法

  1. Mailto Interceptor.appを起動
  2. Mailto Interceptorがデフォルトのメールアプリケーションに設定されていない場合、設定シートが表示されるのでMailto Interceptorをデフォルトメールアプリケーションに設定
  3. Mailto Interceptorのウィンドウにある「動作」ポップアップメニューからお好みの動作を選択
  4. Mailto Interceptor.appを終了

この初期設定を行うことでmailto:リンクのクリック等にMailto Interceptorが反応するようになります。

ヴァージョン履歴

ver. 1.2.2: 2014年12月19日
軽微な問題を修正
アイコンを変更(Lite版)
ver. 1.2: 2014年9月10日
カスタムURLを定義できる機能を追加
ポップアップメニューの項目を編集する機能を追加
ver. 1.1.1: 2014年8月9日
軽微な問題を修正
ver. 1.1: 2014年7月10日
動作通知パネルを表示する機能を追加
UIの改良
ver. 1.0: 2014年6月6日
最初のヴァージョン